物理学科の学生の進路は?

HOME » 大学で学ぶ物理 » 物理学科の学生の進路は?

物理学科の学生の進路は?

大学でまさに物理を勉強する、物理学科を卒業した大学生は、その後、どのような進路に進むのでしょうか?
実際の進路は非常に広く、個人差も大きいのですが、それは逆に言えば、大学生として物理学を学んでいると、就活時にはいろいろな場所を選べるということです。

それら多くの進路の中で、やはり比較的多い進路となるのが、製造系の企業への就職です。
理系学部の進路としては標準的ですよね。
これら物作りをやる企業には、どちらかといえば工学部の方が有利と思うかもしれませんが、物理学を学んだ人でも就職は可能です。
その大きな理由は、大学で学んだことが、それら企業でピッタリ使えることは比較的少ないからです。

実際に入社した後にどのような知識・技術が必要かは、ケースバイケースなのですね。
だからこそ、これら企業では大学で特定の知識や技術をピンポイントに学んだ人だけを取るのではありません。
関係する分野を学んだ人を対象とし、大学生時代の取り組みや経験、人間性で選ぶのが基本となっています。

つまりは大学で学んだ高度な物理学も、就活時に直接は役に立たないということなのですが、これは物理学に限った話ではありません。
むしろ製造業への就職ならピッタリとなるはずの工学部ですらも、この点はほとんど変わらないのです。
少しガッカリするかもしれませんが、しかしこれら製造系の企業に就職するには、関係する基本的な知識は必要とするため、理系学部の学生の方が有利です。
大学生として物理学を学んでいれば、この点は問題ないですから、文系の学生ではあまり選べないこれら進路を選びやすくなります。

このほかによくある進路は、教員や公務員になるというもの。
物理学が直接は就職に役立たないならと、分野に関係なくなれるこれら職業も人気があります。
大学生で学ぶこれら物理学は非常に高度ですから、これを学んだ人はコツコツと勉強を続けられる地道さを持っている人が多いです。
そういう点でも公務員系はよく選ばれる進路です。

このほかでは、大学院への進学もよく選ばれます。
大学で物理学を学んだ人の中には、この学問の面白さをますます感じ取り、もっと研究したいという人も多いですね。
そのため、そのまま大学院へと進み、物理学の研究を進める人もよくいます。
このような進路のほか、IT系や金融系、商社系など、物理学を学んだ人の進路はいろいろあり、少なくとも特定の分野でないと就職が非常に厳しいといったことはありません。